読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間退化論

201511090059000.jpg



人間は、全員、所詮・馬鹿な生き物だ。


進化していると感じて実は、退化していっている事に危機感もない連中だ。


冬になると夜空の星は綺麗に見える。


その見上げた星は、数千年前の祖先が見上げた空と肉眼では、あまり変わらないだろう。


変わっていくのは、星から見た地球だ。


便利な物が支配して怠け者が沢山出来る。


右も左も片手にスマホを持ち情報を取られ洗脳させられている。


情報にすら信じこみバーチャルな世界でイジメにあって涙する。


人類が、滅びても草や樹は、生き残りまた、森林になるだろう。


馬鹿は、死んでも治らないとは、よく言ったもんだと雨降る中、色々と考えた。

そんなワタクシだって馬鹿の1人なのである。(笑)